« 初夏の勧修寺 | トップページ | 平成21年度住吉大社御田植神事 »

2009年6月14日 (日)

飛鳥散策

Asukasansakuwmv_000017050  


youtube

飛鳥は、よく行きますが、今回は、石造物めぐりをしてみました。
高松塚古墳は、文化庁のミスで壁画が劣化しているようで残念ですが、古墳自体は、現在テントがかけられていました。この古墳の被葬者は誰か、いろんな説がありますが、私は、天武天皇の皇子の中でも、マイナーな存在の弓削皇子では、ないかな?と思っています。

高松塚古墳のすぐ近くに文武天皇陵があります。
文武天皇は、天武天皇と持統天皇の孫にあたり、持統天皇の息子の草壁皇子の子供にあたります。持統天皇は、孫の文武天皇に皇位をつかすために、自分が長く皇位を続けたのだと思います。そして、文武天皇の子供の聖武天皇に皇位につかすために、早くに亡くなった文武天皇のあと、その中継ぎとして、文武天皇の母親の元明天皇、姉の元正天皇が即位したと思われ、その黒幕には藤原不比等の影響があると思います。

鬼の雪隠と俎は、どちらも元はこの辺の同じ古墳の石室の一部だったようです。
猿石は、吉備姫王墓内にあります。吉備姫は、斎明(皇極)天皇や孝徳天皇の母ですが、この猿石は、何のために作られたかは、謎です。
吉備姫王墓の隣に欽明天皇稜があります。欽明天皇は、聖徳太子の祖父にあたり、在位中に、百済から仏教がわが国に伝えられています。

亀石は、亀に似た彫刻が施された自然石ですが、田んぼの脇にありますが、この石については、謎です。

酒船石については、謎ですが、すぐ近くにある酒船石遺跡は、2000年に発掘されましたが、斎明(皇極)天皇の雨乞いなどの祭祀の施設では、ないかと言われています。

|

« 初夏の勧修寺 | トップページ | 平成21年度住吉大社御田植神事 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

なんだか五感が呼び覚まされるような大きな作品だった気がしました。Candyさんのすごい集中力みたいなものもすごく感じましたです。一日で行って編集仕上げられたのですか?

投稿: ぽぴん | 2009年6月14日 (日) 22時48分

ぽぴん様 この映像は、昨日撮りました。

実は、高松塚古墳や他の古墳の映像だけ、その生音声は、消してますが、凄い高い音のノイズが入っていました。他のシーンは、そのようなことは、ないので、その原因は、全く謎です。

投稿: candy | 2009年6月14日 (日) 23時07分

Candyさん、不思議なことが起こったのですね。その高温の生音声はそこでは耳にも聞こえるのですか?それとも機械だけが拾うのですか?

投稿: ぽぴん | 2009年6月15日 (月) 20時09分

撮影してた時は、直接そのノイズは、全く聞こえません。

ビデオだけに録音されてた音声です。

近くに高周波を発するようなものはないし、古墳から離れた映像では、録音されていないし、古墳に近づいた映像だけ、録音されていました。

投稿: candy | 2009年6月15日 (月) 20時31分

Candyさん、上のお話を聞いて最近話題になっている、若者のたむろするのを防ぐ「モスキート音」のことを思い出しました。古墳のところには、それは設置されていないでしょうけれど、古墳のパワー?オーラ?がそういう高周波を発していて、あらゆる生物が簡単に近づくのを妨げているんでしょうか。いずれにしても昔々から残っているものには簡単にわからない力があるのでしょうね。(どんな高周波だったかちょっと興味があります。(^_^;)

投稿: ぽぴん | 2009年6月16日 (火) 08時49分

モスキート音、youtubeで何故か、聞こえました。
まだ、若いということでしょうか。(笑)でも、こんな音では、なかったですね。

ところで、高松塚古墳の発掘関係者が次々に亡くなった事件、ご存じでしたか?

http://blogs.yahoo.co.jp/to7002/18270438.html

投稿: candy | 2009年6月16日 (火) 10時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216590/45341509

この記事へのトラックバック一覧です: 飛鳥散策:

« 初夏の勧修寺 | トップページ | 平成21年度住吉大社御田植神事 »