« 初秋の飛鳥 | トップページ | 平成21年度生根神社神輿渡御 »

2009年10月 7日 (水)

平成21年度住吉大社観月祭

2009kangetusaiwmv_000246679



youtube


中秋の名月の10月3日に住吉大社の観月祭が営まれました。例年は、反橋で行われているのですが、今年は、反橋の修復工事が行われていますので、第三本宮で奉告祭を行った後に普段は一般参拝客が入れない神館の中庭で営まれました。
立派な楠の前に作られた舞台で入選和歌などの朗詠が冷泉流に則り披露され、住吉踊りが奉納され、そして、最後に優雅な舞楽が奉納されました。
冷泉家とは、新古今和歌集や百人一首の選者でもある藤原定家の家系ですが、彼の日記である明月記は、史料的価値の非常に高いものです。住吉大神様は、航海の神様で有名ですが、和歌の神様でもあります。定家が住吉大社に参拝した折に神託により日記をつけたのがこの明月記であり、その縁もあって、観月祭では、冷泉流で和歌が朗詠されるのではないかと思います。

|

« 初秋の飛鳥 | トップページ | 平成21年度生根神社神輿渡御 »

住吉大社」カテゴリの記事

コメント

住吉大社には随分立派な楠木があるんですね。舞台の右側の位置のカメラから見たアングルで暗闇の中に大きな楠木と踊り手の方の後姿のシルエットが見えるところ、なんだかゾクッとするほどでした。雅楽も古い音楽なのにすごく斬新で現代音楽みたいに聞こえます。

投稿: ぽぴん | 2009年10月 7日 (水) 09時30分

ぽぴん様 コメント有り難うございます。

神館は、結婚式等、特別の時でないと普通入れないところで、わたしもここは、初めてで本当に立派な中庭で楠木も素晴らしかったです。神館の中には、天皇陛下の為の玉座も用意されていました。
来年からは、また反橋で観月祭が行われるので、今回の観月債は貴重で映像に残せて良かったです。

投稿: candy | 2009年10月 7日 (水) 11時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216590/46417457

この記事へのトラックバック一覧です: 平成21年度住吉大社観月祭:

« 初秋の飛鳥 | トップページ | 平成21年度生根神社神輿渡御 »