« 万博公園 | トップページ | ROSE DE MAI »

2010年5月 9日 (日)

EXPO 70 パビリオン

Expo70mp4_000013114

youtube

現在、上海万博が開催されていますが、今から40年前、大阪千里丘陵で大阪万博が開催されました。その当時のパビリオンで唯一、鉄鋼館が今でも残されており、ここで当時の様子を伺える展示が40周年記念ということで現在、開催されています。

|

« 万博公園 | トップページ | ROSE DE MAI »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

携帯電話(映像+音声)はSFの世界と思っていましたが、いまや誰もがもっているアイテムになりました。
科学技術は進歩しましたが、ファッションや芸術等文化面では当時の方が優れていたのではと思います。
最近はユニクロとか人気があるらしいですが没個性的で関心がありません。
この頃は花柄のワンピースとか、ホットパンツとか若気のいたり(?)でそういう女性を見るとムラっとしたものです。
魔法瓶他電気製品にも花柄がありましたね。
当時サイケデリックというのがはやっていてよく字体を真似していたことを記憶します。
ファツションでいえばベルボトムジーンズ(前にボタンがある)が流行しはじめのころです。
よく笑い噺で足が短くカットしたらストレートという人もいたようです。
ユーチューブあたりで当時深夜放送に聞いたポップスを録画しております。
YAMAHAで主宰していたコッキーポップスというラジオ番組があり、曲は知っていても
ユーチューブをみてこういう人が歌っていたのかとうなずくことがあります。
最近の歌はなにがなんだかわからないものが多いです。
やはりこの当時の音楽が心に染みますね。
ニューミュジックの「翼を下さい」とか学校の教科書にも掲載される時代です。
歌詩のないビデオの流れる背景音楽等がいいです。
ポールモーリア・レイモンドルフェブル・カラベリとかいったイージリスニングのライブを何回か見にいきましたが、この当時のFM放送から関心を持ちました。
あらゆる意味で1970年代は良かったです。
caさんの万博取材映像を見ながら遠い記憶が蘇りました。
いい映像を見させていただき感謝感激です。

投稿: 穴 | 2010年5月 9日 (日) 14時35分

穴様 コメント有難うございます。

確かにこの当時のファッションは、今と違って華やかだったような気がします。花柄というと森英恵さんのデザインを連想しますが、この当時のJALのスチュワーデスの制服も彼女のデザインしたミニスカートでした。

音楽も70年代の曲が一番、よかったですね。最近、ビリー・バンバンの「君に恋している」を坂本冬美がリバイバルで歌ってヒットしています。
赤い鳥の「翼を下さい」なんて、当時、教科書に載るとは夢にも思わなかったです。

投稿: candy | 2010年5月 9日 (日) 16時31分

本日近郊のヤマダ電機にいき、kiss x-4に触れてきました。
本日特価の張紙を見たところカメラ本体のみ現金払で83,000円とありました。
確か大阪ボンバーではレンズ2つついてそれ位と記憶します。
そうこうしているうちに店員がきてレンズ1つつければ10万。2つつければ12万とのこと。いずれも現金一括払の特価でポイント還元はないとのこと。
ちなみに近くのベスト電器はいまだにポイント還元は1%です。
色々店員と話していましたが私のことが詳しいことを悟り「ゆっくり見て行って下さい」と逃げて行きました。
2年前ヤマダ電機でクーラーを購入したところ、洗濯機等「白物」にはポイントはつかないとのことでした。
パソコンも見てきました。
core i7搭載のものは少なくデスクトップでフロンティアという聞きなれないメーカのものがあるのみでした。
まだcore i5やi3が大部分でした。
それとUSB3.0搭載は富士通位で他メーカーは取り組んでいないようです。
外付けHDやフラッシュメモリーの周辺機器もまだUSB3.0が遅れているようです。
PCを立ち上げ32か64ピットか選択できそれによって内部メモリーを増設できることは
情報で知っておりますが、64ビットにして動かないソフトもある心配があります。
例のcaさん愛用のSONYのデジタルカメラは店頭にありませんでした。
kiss x-4を両手で持ちメニュ画面等確認してきました。

話は変わりますが、森英恵はオリンピックの日本チームの公式ユニフォームを作っていましたがダサいデザインというのが印象です。何年か前に閉店しました。
蝶をあしらったデザインが有名でしたね。
JALのスチュワーデスというと野球選手・芸能人と結婚するのが多かったですね。
JALが倒産するとは予想しなかったです。
OBたちは年間600万も年金をもらっていて
恵まれています。
倒産もあり何割かカットですがそれでも高額年金です。
ビリーバンバンの白いブランコはいい曲でしたね。両兄弟ともBS放送で見かけたら老けました。
坂本冬美は歌手になる前は和歌山の梅干工場で検査係をやっていたとのことです。
昨年は弟が暴力団に絡む「賭博事件」で逮捕され紅白出場が危ぶまれていました。
赤い鳥というと、数年後ハイファイセットというグループで「フィーリング」という歌がヒットしました。
その中のメンバーで眼鏡をかけていた人が何年か前に金に困って強盗事件を起こしました。その時はワイドショーで息子さんがモザイク無しでインタビューに応じていました。
青い三角定規というグループもありましたね。
その中の長髪でギターをもっていた人がマンションから飛降りて自殺しました。
落下したところが駐車場の車止めの太い金属パイプで串刺状態ですごい惨状だったようです。
酒良いバイク運転で交通事故を起こし損害賠償で悩んでいたようです。
1970年代に脚光浴びた人の「光と陰」ストリーでした。

投稿: 穴 | 2010年5月10日 (月) 01時19分

穴様 深夜にもかかわらず、コメント有り難うございます。

量販店は場所によって同じチェーン店でも随分と値段が違うようですね。

デスクトップPCは、メーカー製は、最新のマザーやCPUを使ったものは、ほとんどなく、余計なソフトがついて割高なのでショップブランドのBTOの方が最新スペックで安いと思います。USB3.0対応のマザーもでてきていますし、外付けHDケースも最近は、3.0対応が増えてきています。

64ビットにされるのなら、OSは、 Win7 Homeではなく、プロフェッショナルにされれば、XPモードが動くと思います。

もし、新しいPCにされるのであれば、安くて安心できるショップブランドをご紹介できると思います。
特にマザーボードの選定が重要になってきます。

ところで、穴様は、芸能界の情報に詳しいですね。

赤い鳥から紙風船とハイファイセットに別れましたが、ハイファイセットの音楽は好きでCDとかも持っていたのですが、残念なことになりましたね。
紙風船は、今でも活躍しているみたいですね。

投稿: candy | 2010年5月10日 (月) 10時16分

Candyさん、最後のシーンMパパが、「ノスタルジックな世界から現実に引き戻されたみたいな雰囲気がするなぁ」って言ってましたです。モノレールのシーンは実際に乗っているみたいに見えますね(*^_^*)

投稿: ぽぴん | 2010年5月10日 (月) 15時25分

ぽぴん様 コメント有り難うございます。

ラストはそういう意図でエフェクトをかけたのですが、もう少し、ノイズを入れた方が良かったかなと思っています。

モノレールとかの映像は、昔のフィルム
映像ですが、実際にモノレールに乗って撮影したのでしょうね?

投稿: candy | 2010年5月10日 (月) 16時17分

@candypapa 様 こんにちは、またYouTubeからは返信エラーが出るのでこちらから投稿させて頂きます。・・・「いつもご覧頂ありがとうございます。candypapa様のようにきっちりとした映像がまだ撮ることが出来ないので、これも楽しむ方法の一つかな?と思っています、ユニクロカレンダーのサイトを見て面白かったので真似てみました、5DmⅡならもう少し周りがボケてくれると思うのですがまだそこまで勇気がありません、20Dもガンバってくれているので もう少し続けてみます。」・・・・・またいつもながらイイナァー・・と思いながら羨ましく拝見させて頂いております。映像技術や音楽にも精通されている事が伺え敬服いたします。万博には自分の懐かしい思い出と重なって感無量でした、歳の性かナァ、有難うございました。

ありがとう御座いました。

投稿: Susi448 | 2010年5月12日 (水) 12時14分

Susi448様 コメント有り難うございます。

スタビライザーやティルトレンズなど、自作でこれだけの作品を作られ、凄いと思います。微速度撮影は、やったことがないのですが、面白そうですね。でもkiss X4には、インターバル撮影機能がなかったようです。サードパーティーあたりでインターバル撮影ができる装置があるかもしれないですね?

今度は、5DmⅡでの、微速度撮影やEos Movieの作品も期待しています。

私の方は、まだまだ、Eos Movieを使いこせないでいます。

万博は、懐かしい思い出がいっぱいつまっていますが、今とはなっては、随分と遠い昔になってしまいましたね。

投稿: candy | 2010年5月12日 (水) 13時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 万博公園 | トップページ | ROSE DE MAI »