« 錦秋の奈良 | トップページ | OSAKA 光のルネサンス2010 »

2010年12月15日 (水)

火渡り神事「やっさいほっさい」

Yassaimp4_000377910

youtube

12月14日に大阪堺の石津太神社(いわつたじんじゃ)で火渡り神事の「やっさいほっ­さい」が催されました。イザナギ、イザナミノミコト
によって流された蛭子命(ヒルコノミコト)、すなわち、戎大神がこの地に流された際、­付近の住民が篝火を焚いて迎えたと言う古儀による神事です。

蛭子大神の役になった方が、水ごりして身を清め、氏子さんたちに担がれ、火渡りをする­豪快な火祭です。

|

« 錦秋の奈良 | トップページ | OSAKA 光のルネサンス2010 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

最初は「やっさいほっさい」なんて変わった掛け声だなぁとか、夜の火の動きってすごくアートで綺麗だなぁとか悠長に思っていたけれど、最後に向って熱すぎてそんなこと言ってられなくなりました!!上に担がれていた人、怖かったでしょうね。最後は普通の服着た人も通っていて火が燃え移らなかったか心配になりました。sweat02

投稿: ぽぴん | 2010年12月17日 (金) 07時09分

ぽぴん様 コメント有り難うございます。

とにかく、熱かったです。下がゴムの靴は、焼けないのかなと思いました。

化繊系の服の人は、火の粉で穴があいたのではないかと思います。

投稿: candy | 2010年12月17日 (金) 10時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 錦秋の奈良 | トップページ | OSAKA 光のルネサンス2010 »