« 大阪城3Dマッピングスーパーイルミネーション | トップページ | 大阪城の夜桜 »

2014年3月 2日 (日)

平成26年住吉大社 横綱土俵入り

1654715_10200553042986836_151908719

youtube

昨年から、大阪場所に先立ち、初めて住吉大社で横綱土俵入りが行われましたが、今年で2回めです。

記録によりますと住吉大社では、平安時代より相撲会(神事相撲)が開催されていました。横綱の起源は住吉相撲会とされ、近江国出身の力士ハジカミがあまりにも強いため、行事の志賀右左衣門尉が神前の注連縄をハジカミの腰にまとわせ、「誰かハジカミを倒す者はいないか」といいましたが、結局誰も倒すことができなかった故事によるものとされています。
それほど強い力士だったので、その時の注連縄を体にまとった姿から横に綱をはったということから横綱と云われるようになりました。横綱の化粧まわしにまいた注連縄がそのことを表しています。

BGMは、 HURT RECORDのフリー曲の和人を使用しています。

|

« 大阪城3Dマッピングスーパーイルミネーション | トップページ | 大阪城の夜桜 »

住吉大社」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
土俵入りはいつ見てもすがすがしくていいものですね。
流儀によっても(雲竜型とか)違うようですが詳しくはわかりません。希望としては日本出身の力士もほしいところです。

投稿: ken | 2014年3月 2日 (日) 08時42分

せり上がる時、左手を胸に当て、右手を伸ばすのが雲龍型で両手を伸ばすのが不知火型のようです。

白鵬、日馬富士の両横綱は、どちらも不知火型のようですね。

稀勢の里の横綱昇進を期待していましたが残念でした。

最近、遠藤という力士が伸び盛りで将来の横綱を期待したいですね。

投稿: candy | 2014年3月 2日 (日) 17時29分

テレビでだけ見させてもらっていた有名人がいっぱいでてきて、こんな横綱の土俵入りを真正面からビデオで撮られていてすごいと思いました!! 横綱の威厳や気品がビデオからでも伝わってきました。間近で撮られていたらもっと伝わってくるんでしょうね。観客の方は寒い日で分厚いコートでしたが、横綱はこの姿で身震いひとつしないほどの貫禄でしたね。

投稿: ぽぴん | 2014年3月10日 (月) 09時24分

この日は、まだ寒さがましでした。

土俵は、土があるのですが、そこまで歩くのに、裸足なので砂利は、足の裏が痛いのではないかと心配してしまいます。

投稿: candy | 2014年3月10日 (月) 14時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪城3Dマッピングスーパーイルミネーション | トップページ | 大阪城の夜桜 »