« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月20日 (金)

平成26年住吉大社御田植神事

10359103_10201050043531539_70643438

youtube

住吉大社では、毎年6月14日に御田植神事が盛大におこなわれます。伝承によれば、住吉大社ご鎮座の際、神功皇后が住吉大神の御供田として神田を定められ、長門国(現在の­山口県)から植女を召したことに始まるといわれます。
植女(うえめ)・稚児・御稔女(みとしめ)たちが神事へ奉仕するため、粉黛式・戴盃式・宣状式に臨み、本殿にて、神事のなか、神前より植女が早苗を、大田主が御神水を授か­ります。
供奴(ともやっこ)を先頭に御田まで練り歩いた後、御田植神事が始まります。
神事の前に斎牛が御田の代掻きを奉仕します。
御田を祓い清め、御神水を田に注ぎ、植女が替植女に早苗を授け田植えが始まります。
八乙女(やおとめ)の田舞、御稔女(みとしめ)の神田代舞(みとしろまい)の神楽が舞われます。
風流武者行事、棒打合戦、早乙女の田植踊り、童女の住吉踊と続きます。
住吉大社御田植神事は重要無形民俗文化財指定であります。

| | コメント (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »