« | トップページ | 平成30年住吉大社横綱土俵入り »

2018年1月 7日 (日)

平成30年住吉大社白馬神事

26232636_10208243868932678_48402972

白馬神事(あおうましんじ)とは、古来より住吉大社に伝わる神事で国家安泰を祈る祝詞を奏上したあと、白馬(あおうま)が2名の神職とともに、各本宮を拝礼します。古来より宮中の年中行事で白馬の節会の宴があり、藤原定家も「いつしかと春のけしきにひきかへて雲井の庭にいづる白馬」という歌を残しております。特に1年の初めに白馬を見ると、その年は無病息災となり、たいへん縁起のいいものとされています。住吉の神馬は純潔種の道産子馬で、碧色の目を持つ珍しい白馬です。

youtube

|

« | トップページ | 平成30年住吉大社横綱土俵入り »

住吉大社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« | トップページ | 平成30年住吉大社横綱土俵入り »